NEWS/COLUMN
ニュース・コラム

OTHER
2020.08.30

コロナ禍のスポーツジム

・コロナ感染スポーツジム

 

コロナ感染のニュースを毎日拝見し、スポーツジムでの感染、クラブでの感染、ヨガスタジオの感染と感染拡大を食い止めれない状態になってきました。学校が休校になった今、もっとも完成しやす場所の一つにスポーツクラブ、スポーツジム、ヨガスタジオが危ないとは予想がつきます。不特定多数、それぞれの滞在時間は長め、更衣室、スタジオないでの感染と警戒が甘い中での感染は今後ますます増えて行くと考えられます。スポーツクラブはまだ休みにしているところは少なく、お互いに自己責任のもと運営し、お客様も自己責任のもとくらぶにみえており、これからこの関係性が成り立っている状態ではむずかしと思います。

 

スポーツクラブと違い完全マンツーマンのBEACHBODYでは、除菌しており、一人一人の環境を守る環境が整っております。マンツーマンの特徴と言えます。こんな時期にはスポーツクラブに通って見えるより、はるかにパーソナルジムの方が良いと言えます。マンツーマンのメリットは一対一での指導のため、その方の状態、理解度、体の反応と全く違うため習う肩にはオススメです。

 

 

・パラサイト家族

 

韓国では、未だ半地下での生活をしている方がお見えです。今、ネットで言われていますようにパラサイト家族は本当に存在し、皆が這い上がろうとしてもなかなか脱出できず、難しい状態にあります。この中でも匂いについて言われています。その環境にしかわからない匂いと言うものがあり、こういう根底の匂いと言うものものごと変わっていく必要性があります。

 

親と言うのは無性の愛が必要であり、信じることが大切です。そうです、ただ信じればいいのです。親が子供のことを心配なのは信用していないからであり、自分の子供すら信じることができていないのです。何ややらかしたとしても許し、また信じるこれを繰り返すことによって、子供は自然と親に迷惑をかけてはいけないと行動、言動が治っていきます。何があっても信じ抜くことがたいせつです。

 

また、子供がいじめられていた場合全力で守る姿勢を見せることが大切です。その時は少し大バーなぐらいがたいせるつです。子供は敏感であり、心にずっと傷をおっていきていくことになります。ですので、間違っていることが起きている場合は子供のたてとなって全力で守りにくことが大切です。斎藤一人先生はいじめ問題になりますと熱くなられます。そういった部分もかっこよく、素敵です。