NEWS/COLUMN
ニュース・コラム

OTHER
2020.08.28

万病一元論

・万病一元論

近年、病気の数、病名、種類は多くなってきましたが、昔から万病一元と言われてきました。その意味は色々な病気はあるが原因はひとつという考え方です。西洋医学の父と呼ばれていますヒポクラテスも同じようなことを言って見えます。

 

このように、病名が多く、色々な不調があり、何が原因なのか不安になってしまいますが、深く考え過ぎることはありません。昔から言われています、血液が全てであり、血液を綺麗にすると細胞が綺麗になる、細胞が元気だと免疫力が上がる、と言ったように全ての根源的要素は血液の状態、質の問題であり、いかに綺麗な血液を作るかが、健康に直結しており何より大切といえます。また、漢方の考え方は、全ては腸にありと言われており、腸が免疫力の70パーセントをしめて言われているように非常に大切な臓器と言えます。強い腸、元気な腸を作ることによって、綺麗な血液が流れ、体の隅々の細胞も元気で健康になるという考え方です。腸に関しては母親の胎盤の中でもっとも早くできる臓器であり、心臓よりも早く作られると言われています。それぐらい腸が人体の根幹をになっていることは間違いありまん。また、腸の吸収によって栄養を取り込んでいたり、外部の食物を胃で消化し、腸で分解、吸収しており、もっとも外部と触れているとも考えられます。

 

・病は気から

 

病は気からと言われていますが、人体をコントロールしているもう一つが心の持ちようと言えます。同じできことが起きてもショックを受けてしまう方とうまく受け止め消化している方では、明らかに人体の反応は変わってきます。メンタルの状態はホルモンの働きに大きく影響し、結果全体の免疫力をさげたり、機能の働きを悪くしてしまいます。人体を最小の単位にした場合、は粒子であり、粒子は常に振動し同じ波動、周波数を引き寄せると言われています。人間は感じている、いないに関わらず常に振動しており、メンタルが病んでくると途端に振動数が低下し、行動力は乏しくしていきます。引きこもりがちになるのはそう言った振動数の問題なのです。ですので、この振動数を上げていくことが健康にも繋がっていきます。楽しいことをすること、悩まないこと、おいしものを食べること、元気な声を出すこと、身体を動かすこと、これらの日常の少しの意識で十分に振動数は上がっていきます。名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム 女性に大変おすすめの BEACH BODYは覚王山、本山、今池、池下のお客様にしじ頂いております。身体を動かし周波数、振動数を上げたい方、是非体験レッスンをご体験くださいません。